スマイルネット倶楽部のお客様へ、パスワード再設定のお願い

和風

旨みたっぷり赤鶏の夏野菜すき焼き

赤鶏の旨味と弾力のある歯ごたえはすき焼きにぴったり。 実はすき焼きは時短料理!トマトでさっぱりさせていますので重たさがない夏向けのすき焼きになっています。 少し面倒なのは割り下だけ。割り下を作っておくだけで味に差がつくので是非おすすめします。

旨みたっぷり赤鶏の夏野菜すき焼き

材料(2~3人分)

赤鶏モモ肉…小1枚

赤鶏胸肉…小1枚

トマト…大2個

長ネギ…2本

なす…1本

おくら…4~5本

油…大さじ1

●後のお野菜はお好みで

 

卵    お好みで(浸けて食べる用)

ごはん  最後にお好みで

 

★割り下

 ・日本酒…100ml(料理酒を使うときは醤油大さじ2にする) 

 ・麹甘酒…100ml(みりんではなく麹甘酒を使うことでさっぱりとした味に)

 ・醤油…大さじ3

 ・砂糖…大さじ1

全てを混ぜ合わせ少し煮込み、冷ましておく

作り方

1

鶏肉は脂や筋、皮など除き、両面をフォークで数カ所穴をあける。

レシピ手順1

2

【1】を削ぎ切りにする(これを大さじ2の割り下に浸けておくとより味が染み込む)

レシピ手順2

3

トマトは乱切、長ネギは3~4cmのぶつ切り、おくらはヘタを取り斜めに半分に切る。なすはヘタを取り、縦に半分に切り、3cm位のぶつ切りにする。
※なすは深さ1センチ程度の切り込みを入れておくと味が染み込みやすい。

4

弱火で熱した鍋に油をひき【2】の鶏と割り下大さじ4を入れ軽く炒めお皿に取り出しておく。
※鶏は固くなるので火を入れすぎないこと

レシピ手順4

5

【4】の鍋に鶏を入れるスペースを開けておき、なす・長ねぎ・トマトと割り下の半分を入れ蓋をし中火に掛け、野菜の水分が出てきたら【4】とオクラを入れて蓋をする。
※鍋に入る分だけのお野菜で大丈夫

レシピ手順5

6

トマトが煮崩れてきたら食べごろ、味を見ながら割り下を追加していき、野菜も追加していく。

レシピ手順6

7

最後にご飯などを入れても楽しめます。

レシピ手順7

【関連レシピ】パリパリ&ジューシー赤鶏のサラダ菜包み

 

 

 

レシピ監修


株式会社リプロ 取締役 烏田いづみ

食のプロを養成する大学教育に15年間携わるほか、企業や一般向けの各種セミナーやレッスンも展開。企業のブランディングにも携わり、戦略的レシピ提案や商品開発の経験も多数。「Bimi Smile」では、フードコーディネーター、管理栄養士などの資格を有する女性チーム「リプロ」でレシピ開発、撮影コーディネートを担当。簡単、美味しい、ヘルシーなレシピと魅せる食卓のポイントを提案。