スマイルネット倶楽部のお客様へ、パスワード再設定のお願い

Bimi Smile メキシコ産アボカド

  • Bimi Smile メキシコ産アボカド画像1
  • 木の上でじっくりと熟成させて収穫します。

    アボカドは、大人の握りこぶしほどの大きさで、形は卵型、色は黒く、表面が動物のワニの肌にも似てザラザラとしているのが特徴です。 かつて日本では、ワニナシと呼ばれていたこともあったそうです。

    サラダやサンドイッチ、ハンバーガーなどの具材として使われるほか、最近では、カリフォルニアロールなど、巻き寿司のネタとしてもお馴染みです。 このアボカドには、実の中にたっぷりの脂肪分が含まれていて、「森のバター」とも呼ばれます。日本で販売されているアボカドは、そのほとんどが、メキシコからの輸入ですが、フレスタでは、その中でも、標高1000メートルから3000メートルの高地にある、ミチョワカン州ウルアパンで栽培されているもののみを、 Bimi Smile「メキシコ産アボカド」として販売しています。

    また、一般的なアボカドの木は、およそ10メートル程度の高さに成長しますが、Bimi Smile「メキシコ産アボカド」の実がなる木は、樹齢3年から4年、およそ1メートル80センチ程度の幼い木に限定し、実がなった後、およそ10か月の間、木の上でじっくりと熟成させて収穫します。

    そうすることで、通常のアボカドよりもたっぷりの脂肪分を含み、コクのある味わいを楽しむことができるのです。

    皮を剥き、一口大に切って、そのまま刺身醤油につけて食べると、まるで、まぐろの大トロのように、口の中でトロっと溶ける味わいを楽しむことができます。また、アボカドはビタミンEを多く含んでいるため、ビタミン補給にもおすすめです。

    是非、一度、Bimi Smile「メキシコ産アボカド」のクリーミーな美味しさを、味わってみてください。

    洋風

    アボカドとタコの冷製パスタ

    ほどよい酸味と甘みがタコとアボカドと相性がよく、複雑な味に変化。夏の食卓に最適です。

    材料(2人分)

    スイートルビーのマリネ(8個~10個)

    ●スイートルビーのマリネ液(大さじ2)

    ・パスタ(細麺が理想)(160g)

    ・氷水とパスタ用の塩(水に対して1%)

    ・アボカド(1個)

    ・刺身用茹でダコ(大1本)

    ・エキストラバージンオリーブオイル(大さじ2)

    ・塩(小さじ1/3)

    ・胡椒(適量)

    ・塩(適宜)

    ・生バジル(またはスプラウト) 適宜

    作り方

    1

    アボカドは1cm位の角切り、タコはぶつ切り(一口大より小さめ)にし、マリネトマトは半分に切る。

    2

    ボールにオリーブオイルとマリネ液を入れしっかりと混ぜ、乳化させる。乳化したら【1】の材料と塩を入れ混ぜ合わせておく。

    3

    別のボールに氷水を用意し1%の塩を入れしっかりと混ぜる。

    4

    パスタを茹でる。※時間より1分ほど長く茹でる。

    5

    茹で上がったパスタを【3】に入れ冷やし、水気をしっかりと切り、【2】の中に入れ混ぜ合わせる。(必要があれば塩で味を整える)

    6

    器に盛り付け、胡椒をかけバジルを散らす。