スマイルネット倶楽部のお客様へ、パスワード再設定のお願い

和風

もち麦おむすび(神レシピ3種)

おむすびは「3割炊き」がおすすめです。もち麦ごはんは表面がつるつるして、手で直接握るのは難しく、ラップで包むと楽にまとまります。

もち麦おむすび(神レシピ3種)

材料

フレスタのプライベートブランド Bimi Smileに「もち麦」が仲間入りしました。
広島県産もち麦(キラリモチ)
[300g/598円+税]  / [500g/980円+税]

 

新着レシピ
<もち麦おむすびのつくりかた>

「続きを読む」をクリックすると材料を表示します。

 

[続きを読む]

作り方

1

白米は洗ってざるに上げ、炊飯器の釜に入れ、米1合の目盛りまで水を入れる。もち麦を入れ、もち麦の倍の分量の水(このレシピでは100cc)を加え、さっと混ぜて通常の炊飯モードで炊く。

レシピ手順1

2

炊けた(1)を3等分してボウルに入れ、それぞれ(A-1)(B-1)(C-1)を入れしっかり混ぜる。

レシピ手順2

3

<ラップで三角に握る>ラップに塩と水を軽く敷き、(2)のボウルの半量をそれぞれ乗せて広げ、真ん中に(A-2)鮭、(B-2)キャンディーチーズ、(C-2)刻んだエビを乗せ、ラップごと軽く三角に握る。

レシピ手順3

4

<表面を飾る>握った(3)のラップを広げ、表面に(A-2)の鮭の残り、(B-3)のキュウリと梅干、(C-3)サラダエビ1尾をまるごとを置き、再びラップでしっかり三角に握る。

レシピ手順4

5

【できあがり】

レシピ手順5

6

【ワンポイントアドバイス】もち麦おむすびは崩れやすいので、食べるときは海苔で下の部分を巻くと食べやすいです。焼海苔を炙り四等分にするのがおすすめです。

レシピ手順6

7

【ワンポイントアドバイス】ラップに塩と水を軽くふりかけることで、おむすびが作りやすくなります。

レシピ手順7