スマイルネット倶楽部のお客様へ、パスワード再設定のお願い

アレルギーコラム

専門ドクターの見つけ方

アレルギーっ子の生活

現在、食物アレルギーの有効な治療は、原因となる食品を食べないようにする食事療法が基本です。食物アレルギーの場合、食べ物という身近なものがアレルギーとなっていることもあり、お母さんの自己判断で食べ物を避けているケースが多くみられます。

成長期の子どもは特に摂らなければならない栄養がたくさんあります。食物アレルゲンの特定と正しい食事療法を行うためには、医療機関での適切な検査・診断を経て、正しい指導・治療を受けることがとても大切なのです。食物アレルギーは、専門ドクターの正しい診断のもとに、必要最小限の食物除去を心がけ、適切に対応すれば克服できる病気なのです。食べられる食品をできるだけ増やしていくためにも、自己判断せず、一度きちんとアレルギー検査を行っている専門の病院で診てもらいましょう。

日本アレルギー学会専門医・指導医一覧(一般用)サイトで検索できます

>> ここをクリックしてアクセスください。

アレルギー検査・診断の流れは、ふつう以下のように行われます。

(1)問診病状、食事内容、飲食から病状が出るまでの時間などの病歴を確認します。食物日誌をつけていると、ドクターのアレルゲン食品の推定のためにも、とても役立ちます。


(2)アレルギー検査推定された食品について、さらに血液検査や皮膚テストなどを行います。


(3)食物除去試験疑わしい食品を1~2週間、完全に食事から除き、病状の改善がみられるか観察します。


(4)食物負荷試験原因アレルゲンと疑われる食物を摂取して、何らかの反応が現れるかどうかをチェックします。この検査は重いアレルギー反応(アナフィラキシー)が出ることもあるので、必ず専門医、看護師が付き添い、万全な準備のもとに本人の体調をみながら行います。