「地域の活力を生む」仕事に携わりたい。将来の夢は、「起業」です。

2014年入社水産部門担当

貞本 美砂

入社のきっかけは?

大学時代に行なった研究から、地域活性化に興味を持ち、「地元に密着したスーパーマーケットであれば、自分が思い描く地域活性化を実現できるのではないか。」と思い、フレスタに入社しました。

どんな仕事してますか?

現在は、店舗の水産部門スタッフとして勤務をしています。寿司部門を任されているので、商品の製造計画や人員計画の立案と実行が主な業務です。一口に商品計画といっても、その時期の旬のものを考慮して、魅力ある品揃えを実現しなければなりません。それは魚だけではなく、お野菜もそうですし、行催事が関わると、そのバリエーションは多彩です。その中から、地域のお客さまのニーズに合った商品を選び、販売することが、お客さまの笑顔につながります。

やり甲斐はどんなところ

自分が加工した商品がお客さまの食卓に並び、美味しく食べて頂けていることが、 日々の売上やお客さまとの会話に反映されるので、そうした瞬間にふれたときにやりがいを感じます。 その日入荷した魚をお客さまの要望で調理する対面販売もすることがあるんですが、 女性が調理場に立っていると驚かれるお客さまもいらっしゃいます(笑) でも、最近ではお客さまから声をかけていただくこともありますし、教えていただくこともあるんですよ。

将来の目標は?

将来的には、過疎化が進む地域の魅力を伝え、人が集まる、お金が動くような、地域の活力が生まれるような仕事が出来たらいいなと思っています。地域の特産品を売るアンテナショップは通常自治体が運営していることが多いのですが、民間だからできることもあると考えています。私は広島生まれなので、「この広島の地域に根差した企業に就職をしたい。」と思い、就職活動を していました。 小さい頃から買い物はフレスタでしたし、スーパーにいくならフレスタ。 なんとなくですが、選んで買い物にいっていましたね。 スーパーは女性のスタッフも多いですし、利用者も女性が多い。自分の意見も通りやすいのではないかなと思ったんです。

本部にて地域活性化を実現するための働きかけを行う業務に携わり、将来的には、経営の知識を学んだうえで新たな事業を立ち上げたいです。その為に、社内ではプロジェクトに参加をさせていただいたり、今後は大学にも通ってMBAを取得したいです。事業をしたいという思いを会社に伝えるためにも勉強していきたいです 。

トップへ