「ゼロから発想して形にしていくおもしろさ」困難もやりがいです。
フレスタと共に自らを成長させていきたい

2014年入社海外事業グループ

田 順禹

入社のきっかけは?

大学、大学院の間、フレスタでアルバイトをしていました。中国から来て、日本語もままならないところからのスタートでしたが、職場の皆さんには良くしていただき、仕事はもちろん、生活上も親切にアドバイスをいただくなど助けていただきながらの6年間でした。大学院を卒業するタイミングで、フレスタが海外事業をスタートさせるとの話を聞き、これこそ自分が恩返しするチャンスだと思い、迷わずにフレスタへの入社を決めました。

どんな仕事してますか?

入社後は、店舗の水産部門の担当として1年間勤務し、お客さまと現場を知ることからスタートしました。その後、海外事業グループに異動となり、現在、フレスタの海外EC事業に従事しています。オンラインショップの経営を任されており、中国の委託会社とのやりとりや、商品の選定、価格設定、注文商品の発送などが主な業務です。国が異なることでの法律や文化の違いから商品の流通に課題が発生するケースや、ビジネスとして成立させるための方法・手段の検討など、ハードルはたくさんあります。仕事上において大事にしているのはチームワークです。スーパー店舗の仕事でも、現在の海外事業の仕事でも、決して一人ではできません。みんなの協力があるからこそ、いろんな課題を解決できてきたと思います。

やり甲斐はどんなところ?

中国で日増しに大きくなっている日本商品のニーズに対して、より良い商品を選択し、中国のお客様に提供し、商品販売と同時に、日本の文化や習慣も伝えるように、いろんなビジネスを考えて検討しています。フレスタの海外事業は近年始まったばかりの事業で、まだ形にもなっていませんが、それこそやりがいがあると感じでいます。上司と一緒に考え、検討、実行して、結果を出し、新しい海外事業をもっと大きくすると同時に、自分も成長することはやりがいと考えています。

将来の目標は?

現在入社3年目で、あらゆる場面で、対応できるような力はまだまだ不足しています。今後、日々の仕事を通して、勉強しながら、スキルを身につけ、仲間と一緒に『フレスタ』を世界の舞台に立つ企業にできるよう頑張りたいです。

就職活動中のみなさんに一言

一緒に知恵を絞って、フレスタを世界の舞台に上げてみませんか。フレスタで皆さんを待ってます。

トップへ