• ネットで注文、お店で受け取る
  • 厳選!オンラインショップ コンテ・フレスタ
  • おうちに届くネットスーパー エブリデイフレスタ
  • 全店の最新情報をチェック 店舗検索・Webチラシ

ひとことアドバイス

ブドウの品種別・おいしいワインの選び方

ワインはぶどうの品種の個性がよく出ているほどいいものだとか。そこで代表的なぶどうの特徴とワイン選びをご紹介いたします。

カベルネ・ソーヴィニヨン(Cabernet Sauvignon)

「カベルネ・ソーヴィニヨン」は、濃く黒々とした色になるぶどうで、実の皮が厚く、堅いのが特徴です。渋み成分のタンニンや味わいとなる成分が豊富で“ワインの女王”と讚えられるボルドーのワインなどに使われます。

主な産地
ボルドー(フランス)、カリフォルニア、オーストラリア、チリ、ブルガリア
よく合う料理
ローストビーフ、和風ステーキ、肉野菜いため、青椒肉絲
味、香り
グリーンアスパラガスなどの青い野菜に似た香りがするのが特徴。また土っぽい根菜のような香りがするものもあります。味は重くて渋い、奥深い味わいでボリュームのある食事に合います。
メルロー(Merlot)

カベルネ・ソーヴィニヨンとよく似ている「メルロー」。ボルドーでは、ブレンド用の品種ですが、カリフォルニアではメルロー主体のワインが作られています。渋みが少なく、まろやかな味わいで飲みやすさで人気があります。

主な産地
ボルドー〈特に東側のポムロール地区やサンテミリオン地区〉(フランス)、カリフォルニア、イタリア北部、ブルガリア、チリ
よく合う料理
うなぎのかば焼き、ぶりの照り焼き、レバーステーキ、肉じゃが など
味、香り
野菜っぽい香りと甘酸っぱいプルーンのような香りを合わせ持ちます。カベルネ・ソーヴィニヨンを少しやさしくした感じのおだやかな渋みと甘みのある味が特徴。和洋中どんな料理とも調和がとれます。
ピノ・ノワール(Pinot Noir)

ワインにするのが大変難しいといわれる「ピノ・ノワール」。明るめの淡い色で、粒の大きいぶどうです。ブルゴーニュの品種として有名で、最近、アメリカのオレゴン州やカリフォルニアなどでも作られるようになりました。

主な産地
ブルゴーニュ(フランス)、ドイツ(シュペートブルングダーという名で)、オレゴン(アメリカ)、カリフォルニア(アメリカ)
よく合う料理
ローストチキン、ビーフシチュー、まぐろのかま焼き、さんまのかば焼き など
味、香り
ラズベリーや梅のような甘酸っぱい香りです。渋みはおだやかで、酸味が多いのが特徴。やさしく繊細な味わいで、さわやかな口当たり。軽い飲み口で、昼間の ホームパーティーにも最適。
サンジョベーゼ(Sangiovese)

イタリア・トスカーナ産の品種の「サンジョベーゼ」。皮が厚く、色の濃いのが特徴です。「キャンティ」などのイタリアを代表するワインに使用され、「サンジョベーゼ」とはラテン語で「ジュピターの血」を意味しています。

主な産地
トスカーナ(イタリア)、カリフォルニア
よく合う料理
ミートソーススパゲティ、鶏のトマトソース煮、トマト味のピザ・パスタ、ペッパーハンバーグ など
味、香り
熟したブルーベリーのような甘酸っぱい香りのものから黒こしょうのようなスパイスの香りのものがあります。渋み、甘み、酸味などをすべて含んだしっかりした味で、トマトソースのパスタなどのイタリア料理に。
リースリング(Riesling)

涼しい地方で作られる「リースリング」の本場はドイツ。またフランス、アルザス地方が産地として有名です。ドイツ産ワインはアルコール度数が低く甘口ですが、アルザス産はアルコール度数が高く辛口の傾向があります。

主な産地
ドイツ、アルザス(フランス)、北イタリア、オーストリア、カリフォルニア
よく合う料理
小魚の南蛮漬け、小魚のから揚げ、ソーセージ&マスタード、フルーツを使ったデザート など
味、香り
青りんごやパッションフルーツのような甘酸っぱい香りが特徴です。ほんのり甘口で飲みやすく、繊細な味わいです。ドイツ産は軽めでやさしい味ですが、アルザス産はキリッとした辛口で、少し苦みがあります。
シャルドネ(Chardonnay)

フランス、ブルゴーニュのワイン「シャブリ」で使われる品種です。辛口白ワイン用のぶどうの最高峰といわれ、世界中で栽培されています。ワインの色は淡いものから濃いものまで、また味もいろいろあり幅が広いのが特徴。

主な産地
カリフォルニア、オーストラリア、ブルガリア、南アフリカ、北イタリア、チリ
よく合う料理
シーフードサラダ、白身魚の塩焼き、えびフライ、かにクリームコロッケ、焼きとり(塩味)など
味、香り
オレンジやグレープフルーツのような甘酸っぱい柑橘系の香りです。樽で熟成させたものは、ナッツのような香ばしい香りがするものもあります。味もフルーティーなものから、ふくようかなこくのある味までさまざまです。

豆知識

冷やす?冷やさない?
赤ワインは室温で、白ワインは冷やしてといわれますが、臨機応変に考えましょう。たとえばコクのある重い白ワインはあまり冷やさないほうがいいし、軽めの赤ワインは少し冷やすのがおすすめです。甘さが強いものほど冷やしたほうがおいしく、お好みでお試しください。
飲みきれなかったワインは?
飲み残しのワインは、ボトルストッパーで密閉して冷蔵庫で保存するのが一般的。また小さめのビンに移し替えてしっかりと栓をすれば、2~3日くらいもつでしょう。残ったワインは炭酸入りのジュースで割ったり、料理に活用しましょう。
家での保存場所
買ってきたワインは、できるだけ暗くて涼しく、振動の少ない場所に寝かせておくのがベスト。たとえば床下貯蔵庫や押し入れ、クロゼットなどの日が当たらない所や振動・異臭が無く、温度変化の少ない所(クーラーバックの中など)がおすすめです。適当な保存場所が確保できないときには、半年以内に飲むようにしましょう。

ひとことアドバイスへ戻る

新しいフレスタカード誕生。

ギフトカード

スマイルネット倶楽部

ログインしてください。

ログインID

※ログインIDには、「ご登録のメールアドレス」又は「スマイルカード番号(ハイフンなし)」をご入力ください。

パスワード

※パスワードをお忘れの方はこちら

※ログイン出来ない方はこちら

※フレスタからのメールが届かない方

「フレスタ」自社ブランドの魅力を徹底解剖

おいしい話

フレスタが推薦するオススメのお酒

今月のお買い得 月安

WEBチラシ

ページの先頭へ

ココロ、カラダに、スマイル。FRESTA 株式会社フレスタ 本社:広島県広島市西区横川町3-2-26 TEL:082-233-1100 (代)FAX:082-233-0200

Copyright by FRESTA Co.,Ltd