• ネットで注文、お店で受け取る
  • 厳選!オンラインショップ コンテ・フレスタ
  • おうちに届くネットスーパー エブリデイフレスタ
  • 全店の最新情報をチェック 店舗検索・Webチラシ

ニュースリリース

  • この情報をシェアする

フレスタプロセスセンターがHACCP取得いたしました

2019年5月10日

株式会社フレスタホールディングス

 株式会社フレスタ(広島市西区、代表取締役社長:宗兼邦生、以下「当社」)は、4月18日(木)に(株)フレスタの食肉の加工センター(プロセスセンター)の「食肉製品(ミンチ肉)の加工」に関して「HACCP認証」を取得しました。

 この度、2020年度の「HACCPに沿った衛生管理の制度化」に向け、当社における「食肉製品(ミンチ肉)の加工」についての衛生的な管理制度が認定されたことになります。これまでも安全・安心を優先順位として、商品製造を続けて参りましたが、これまで以上にお客様への危害(食中毒、異物による怪我等)をHACCPに沿って管理し、安全な商品を供給する事が出来るようになりました。
 具体的には、原料の入荷から、商品の出荷までの工程で、原料、商品、設備・機械、水、備品等、製造に関わるすべての物の点検が必要なため、点検作業と点検記録の頻度が高まり、毎日の点検項目は約20項目以上となりました。また、これにより設備・機械の異常に気づきやすくなり、異常への危機感が高まった事で部品交換を含めたメンテナンスが強化することができるようになりました。今後も、信頼される安全な基準を満たしたおいしい商品をお客様にお届けできるように、鮮度管理と品質管理に努めて参ります。

【HACCPとは】
 1960年代にアメリカで始まった、安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式。Hazard Analysis Critical Control Pointの頭文字からとったもので、「危害分析重要管理点」と訳されます。
 HACCPシステムによる衛生管理手法は、勘や経験に頼る部分が多かった従来の衛生管理の方法とは異なり、あらゆる角度から食品の安全性について危害等を予測し、それぞれの製造工程ごとに危害原因物質とその発生要因、危害の頻度や発生したときの影響力の大きさ等を考慮してリスト化し、それぞれの危害を適切に防止できるところに管理点を設定して重点的に管理・記録しようとするものです。食中毒(微生物、化学物質を含む)や異物などによる危害を未然に防止し、製品の安全確保を図ります。
 HACCPによる衛生管理は、危害要因を各工程において分析し、重要な工程を重点的に管理することで、最終製品が安全であることを証明するものとなり、お客様に確実に安全な製品を提供することが可能となります。

<会社概要>

■企業名称      ㈱フレスタ
■所在地       広島県広島市西区横川町3-2-36
           Tel:082-233-1100
■代表取締役社長   宗兼 邦生
■事業内容      スーパーマーケット事業

本件に関わるお問い合わせ
株式会社フレスタホールディングス
グループ管理本部 人事総務部 広報担当 : 渡辺

広島市西区横川町3-2-36
TEL082-233-1100

ニュースリリース一覧へ戻る

月安

新しいフレスタカード誕生。

新しいフレスタカード誕生。

スマイルネット倶楽部

ログインしてください。

ログインID

※ログインIDには、「ご登録のメールアドレス」又は「スマイルカード番号(ハイフンなし)」をご入力ください。

パスワード

※パスワードをお忘れの方はこちら

※ログイン出来ない方はこちら

※フレスタからのメールが届かない方

フレスタモバイル スマートフォン・携帯サイト

新卒採用2020

ご予約フレスタお客様窓口 0120-163-365 午前9時~午後6時 メールでのお問い合わせはこちら

YouTube

アグリネットファーム

子育て応援宅配 スマイルベビー 会員募集中!!

トレーサビリティ 食の安全性について

リカーズ楽天市場店

街のスマイルショップでポイントを貯めよう!!

プロテクノ害虫駆除

外部サイトへ移動します

CGCバナー

CGCバナー