• ネットで注文、お店で受け取る
  • 厳選!オンラインショップ コンテ・フレスタ
  • おうちに届くネットスーパー エブリデイフレスタ
  • 全店の最新情報をチェック 店舗検索・Webチラシ

トレーサビリティとは、トレース(追跡)とアビリティ(可能性・能力)との合成語で、食肉に使用されている牛が「いつ、どこで生まれたか」「だれが、どのように飼育したか」「BSE検査をクリアしているか」といった生産履歴を、お客様が確認できるようになるシステムです。
出生段階で牛一頭一頭に個別の「個体識別番号」が付与されており、生産・流通経路でその番号を継承していくことで、お買い求めいただいた牛肉の生産・流通履歴を確認することができます。

牛肉のトレーサビリティの流れ

畜産農家

お手持ちの商品ラベルの番号がロット番号か個体識別番号かご確認ください。

飼育農家

日本国内で生まれたすべての牛に10桁の「個体識別番号」が与えられます。

食肉業者

牛は部位ごとにカットされますが、それぞれの肉に「個体識別番号」が引き継がれます。

プロセスセンター

フレスタに入荷された牛肉は、プロセスセンターで加工・パックされます。商品製造の際に複数の牛の肉をまとめて加工する場合はロットというグループを作成し、それぞれのロットでどの個体識別番号の牛が使われているかを「ロット番号」で管理します。 商品ラベルには「個体識別番号」または「ロット番号」が印字されます。

お客様

フレスタでお買い求めいただいた牛肉の生産・流通履歴は、ラベルに印字された「個体識別番号」または「ロット番号」をインターネットで検索することでご確認いただけます。

ブランド牛肉

【フレスタのバイヤーがこだわって取り扱っている国内産和牛】
こだわり・・・やわらかさ、風味、霜降りの脂身の旨味、赤身と霜降りのバランス。

フレスタではこれらにこだわって仕入れを行っています。そのこだわりに合格したものが、下記に紹介されているブランド牛です。