• ネットで注文、お店で受け取る
  • 厳選!オンラインショップ コンテ・フレスタ
  • おうちに届くネットスーパー エブリデイフレスタ
  • 全店の最新情報をチェック 店舗検索・Webチラシ

実践!衛生管理

安心な食生活を送るために

いよいよ、本格的な冬到来です。 これからクリスマス、忘年会、お正月と家族や仲間と集まる機会がたくさんある、楽しみな季節です。 ご家庭でホームパーティーという方もいらっしゃると思います。 冬だから、暑くないから「大丈夫」と思った方は要注意。冬でも暖かい車内、部屋・・実際に食中毒は季節を問わずに発生しています。風邪をひいていると、体が少し弱っている方も多いこれからの季節は十分な注意が必要です。 楽しいパーティーで「おなかが痛くなった・・」ということがないように、お買物からパーティーまでいくつかポイントを紹介します。

1.買物

保存状態や期限表示を確認
肉・魚のドリップ(汁)がある場合はナイロン袋に
冷蔵、冷凍食品は買物の最後に
買物後は保冷剤や氷を利用

安全食生活を送るためにはまず買物から。普段何気なくしていますが、ほんの少し気をつけることにより食中毒の危険は小さくなります。買物をした後に冷蔵・冷凍食品を持ってつい立ち話。ほんの少しの間でも商品の温度はぐんぐん上がってしまいます。必要なものはすぐに冷蔵庫へをこころがけましょう。

2.保存

冷蔵庫内は定期的に清掃をし、清潔に
ものを詰め込みすぎないように適正な温度で管理
卵は、パックごと保管
食品は容器に入れ、おおいをして保存

「冷蔵庫に入れておいたら大丈夫」
こんな風に冷蔵庫を過信し過ぎてはいませんか?食品を詰めこみすぎたり、中が不潔では意味がありません。保存の環境も見直してみましょう。

3.調理

調理前は身支度を整え、手洗い
肉は中心部まで加熱
 <75℃・1分間以上(O-157の場合)>

魚は真水でよく洗浄
食品群ごと(肉・魚・野菜)にまな板・包丁は交換
清潔なふきんを用意

調理の時の衛生管理は大変重要です。手洗い励行をこころがけましょう。
食中毒予防三原則[清潔・迅速・加熱又は冷却]を守り、安心・美味しい料理の出来上がりです。

最後に・・・
出来あがった料理は会話を楽しみながらなるべく早く食べ切りましょう。

フレスタ 品質管理室