• ネットで注文、お店で受け取る
  • 厳選!オンラインショップ コンテ・フレスタ
  • おうちに届くネットスーパー エブリデイフレスタ
  • 全店の最新情報をチェック 店舗検索・Webチラシ

実践!衛生管理

ペットボトルの飲み残しには注意しましょう。

これから暑くなり、冷たい飲み物がおいしい季節になります。特にペットボトルの飲み物は持ち運びが簡単で、ふたができる為に利用される方が多いのではないでしょうか。 しかし、そんな便利なペットボトル入りの清涼飲料も注意が必要です。

なぜ破裂がおこるのでしょう?

通常のペットボトルは、耐熱、炭酸飲料の場合は耐圧の処理がされています。その為通常の保管には少しも問題ありません。ペットボトルの破裂には共通点があります。商品がたくさん入っている状態の破裂ではなく「飲み残し」なのです。飲料は一度栓を開けると、空気中や口飲みなどから菌が混入する可能性があります。「飲み残し」の飲料が細菌、特に酵母によって飲料が発酵し二酸化炭素が発生するのです。最も二酸化炭素を発生する微生物は酵母ですが、果汁、果糖ブドウ糖液糖あるいは砂糖などが主な原料とされる飲料は、酵母がそれを利用して発育します。

開栓後の注意点

・ 開栓後は常温で放置せず、冷蔵保存してできるだけ早く飲みきりましょう。
・ 可能であれば、口飲みは避け容器に移して飲みましょう。

糖分が含まれていない、茶系飲料・ミネラルウォーターも開栓後はさまざまな理由で菌による汚染がある可能性があります。おいしく飲む為にも早めの飲みきりをこころがけましょう。

参考資料:独立行政法人 国民生活センター:「くらしの危険」